社員教育

優秀な管理職の教育のポイントとは

優秀な管理職の教育のポイントとは
Pocket

管理職教育のポイントとは

管理職は会社にとって重要なポストとなりますが、指導が怠れば業務が円滑に進まなくなってしまいます。
今回は優秀な管理職を育てる為に必要なポイントをご紹介していきます。

管理職教育のポイントは大きく3つ。

  • 長期的な目標で行う
  • 現状の課題から論理的な目標をみつける
  • 実践で部下に示せるような体制作り

長期的な目標

まず、長期的な目標で行う事が大切。
管理職は部下全体の仕事を統括していかなければならないので、業務量は一社員であった時よりも当然増えてしまいます。
この作業量に慣れるのはまず時間が必要ですが、それを要領良く捌ききるにはやはり慣れも必要。
となると短期で解決しようとすると必ず失敗してしまいます。
長期でじっくり行う事で、いろいろな点が見えてくるようになるでしょう。

原因特定と的確な目標

次に、現状の課題から論理的な目標をみつける事です。
職場にはそれぞれ課題が生まれてきますが、それらに気付けなければいつまでも放置し、やがて問題が大きくなってしまいます。
それらに気付く力、そして解決策を短絡的な方法ではなく、論理に乗っ取った方法で導き出すには、論理性が重要です。
これらもまた長期で身に着けていく必要がありますが、実際に試してみるのが手っ取り早いです。

方法としては、仮の課題を取り上げ、それをどう解決していくか…といった実践的なワークショップ形式での教育法です。これによって、色々な状況を想像して、そこから原因を見つけ出す訓練になります。

実践で結果を見る

そして、実践で部下に示せるような体制作り。
上記2つのやり方を実際の業務で、実際の部署で実行しながら反応や結果と比較しながら確認しましょう。
そこで残った問題点を再び同じやり方で繰り返しながら解決していくことで結果につながるでしょう。

以上が管理職の教育方法の一例となります。