社員教育

社員研修の種類や形式を徹底解説

社員研修の種類や形式を徹底解説
Pocket

社員研修と一口に言っても様々な種類・やり方が考えられます。
それぞれに長所・短所があるので、人事担当はその方法の特徴を把握しておく必要があります。
企業の目標や理念に基づいて、適切な研修が設計出来るようにこれから各研修の種類や形式をb確認していきましょう。

社員研修の種類は大きく2つ

OJT

OJTは職場内研修の意味で、実地研修のことです。
実際に業務をしながら、スキルを学ぶことができます。
しかも、実際に失敗から学ぶことが出来るので、各自の弱点であったり課題が分かりやすいというメリットも。
担当者一人当たりが扱える社員数も限りがあるので、少人数制での指導が可能なのもOJT。
指導をしながら上司と部下どちらも向上しあえるのが魅力です。

OFF-JT

OFF-JTは職場外研修の意味で、座学やセミナーなどの知識面での学習。
社員が担当者にならずとも、外部から講師を雇って行う事も可能。
更には他の知識であったり、理論であったりを学ぶことができます。

OJTやOff-JTに関してはこちらもご覧ください。

混合学習が今後のトレンド

日本式の社員研修といえば、今まではOJTが中心を占めていました。
しかし、昨今では業務の多様化と細分化、更にはテクノロジー面での知識も必要になってきたことから、混合学習が理想であるという認識に移行しつつあります。
混合学習とは文字通り、OJTとOFFJTを組み合わせ行う事で、知識も理解しつつ実務で学ぶのが良いとされます。

また、座学や講義はeラーニングのようなオンライン形式での学習システムを利用することがおおくなり、更には成績管理などがクラウド管理できるため、多くの企業でアナログからデジタルへの移行が進んでいます。
昨今では労働改革で経費削減と負担軽減のために、中々指導がしずらくなってきています。
よって今後はeラーニングを利用することがますます増えるでしょう。

まとめ

  • 学習形態はOJTとOFF-JTの2種類
  • 混合学習が今後の主流となる
  • eラーニングがコスト面と負担軽減から重要視される

以上が今回のまとめとなります。
混合学習が主流となり、OFF-JTに困った場合はeラーニングで解決してみませんか?