社員教育

いつ実施すべき?社員研修にオススメな時期とは

いつ実施すべき?社員研修にオススメな時期とは
Pocket

社員研修を実施するにあたってスケジュールを決定するわけですが、時期を決めるのは非常に悩むところではないでしょうか。
新人研修の場合ですと、4月から8月頃にかけてが目安ですが、全体の社員研修はどうでしょうか。
全体で行う場合は、業務もありますので、月に何回といった感じで実施するのが良いと思います。
どんなに慣れた社員でも、基礎は大切ですので、定期的に社員研修と検定を実施していくのは大いにありです。

研修時期の目安

では、長期の社員研修はどうでしょうか。
コチラの場合はほとんどが新人研修がメインとなるかと思います。
そうなるとやはり入社してからですので、4月から開始が無難ですが、その期間は学習量によって決定するとよいでしょう。

もし学ぶことが多くあれば長いほうが良いですし、危険を伴うような業務に従事することになれば1年間丸々使って研修をすることもおかしくありません。
特に製造業などで危険を伴う場合では、1年間みっちりと研修を行う企業もあります。
そうすると、教育担当者は毎年新人教育のみに従事できるので、他の業務に振り回されることもなくなります。

しかし、大抵は半年ぐらいが目安ではないでしょうか。
よって、4月から9月頃が一般的です。

尚、プログラマーやデザイナーなどの専門職のような場合は、既に学生時代に多くの事を学んでいるケースは多いので、2~3か月程度の期間で、マナーや業務の流れなどを覚えてそのまま部署に配属というケースも取れると思います。

もちろん、そのあと必ず社員検定を実施し、確認を怠らないようにしておきましょう!

まとめ

  • 時期は新人研修ならば4月から、全体ならば月単位が好ましい
  • 学習量によって期間は決まる
  • 危険が伴うならば1年行ってもおかしくはない
  • 社員検定は欠かさずに!

以上が好ましいとされる研修時期となります。
皆さまもご参考にして、よりよい研修を実施してください!