eラーニング

新入社員の離職率は高い?

離職率は高いのか?
Pocket

離職率は高いのか?

新入社員がせっかく入社しても離職が早いと思う採用担当者は多いと聞きます。
では、なぜ昨今ここまで離職率が騒がれているのでしょうか。

まず1つの理由として、終身雇用時代の終焉です。
今の時代、ライフスタイルに合わせて労働を変える時代ですので、1つのところに留まる事の方が稀になっています。
昔であれば長く務めることが美徳とされていましたが、労働と生活の両立のためやキャリアアップの為に退職することはなんら普通になってきています。
よって、離職することが悪と言えない現状もあります。

2つ目の理由としては労働環境の問題です。
所謂ブラック企業問題という違法労働問題によって、若い方ほど判断がシビアになってきています。
よって少しでもその兆候が見られると離職するケースが増えています。
これを防ぐには労働規則を徹底する以外にないでしょうし、残業が増えたりして生活との両立がしにくくなると、やはり離職に繋がることになります。

そして3つ目の理由としてはやはり仕事が合わないなどの労働に関する内容です。
仕事が合う合わないはやってみなければ分からない為、入社後にしか決定できないという側面もあります。しかし、多くの場合は上司や職場の人間との価値観が合わない為に仕事も合わないというケースも多くみられますので、これらは指導ややり方によって変えていけるでしょう。

ただし、新卒者の離職率の統計でみると約30%程度であり、この率は昔からさほど変動していないと見えます。よって、気にしすぎであったり、たまたまそういうケースが続いただけというケースもあるので、ある意味仕方ないと割り切ることも大切です。

ただ、もしも離職が労働に関する内容であれば、教育や指導によって幾らでも変えられるでしょう。
それらはeラーニングでの学習であったり、指導方針の変更であったりといったことで解決できるはずです。
離職するも続けるのもライフワークの1つです。
よって、あまり気にしすぎるのはよくないですが、労働に関する場合はやり方を見直して改善していくことが重要です。