社員教育

社員教育とは?

社員教育とは?
Pocket

社員教育とは、企業などに所属する労働者に対して業務に求められるスキルや意識を向上させる為に行う教育です。
これらは社員教育の他に、企業内研修、社員教習、社員研修、業務研修など様々な呼称が存在しますが、同じ意味を指します。

大抵の場合、労働者のスキルアップを目指す目的と、意識改革などのいわばマインド面に影響を与える目的の2種類に区別されます。

ほとんどの場合は、OJTと呼ばれる仕事上指導が中心となる傾向が強く、上司が部下に対して自らの経験を踏まえて指導していくケースが多いようです。
しかし昨今では、この上司の力量不足によってムラが大きくなるこのやり方に対して疑問が増えており、複数の意見をデータベースとして統合して教えたり、専門家を招いて行ったり、更にはこれらをeラーニングなどの電子学習システムと併用して行うといった事が増えており、21世紀型の社員教育が求められる時期となっています。

研修の内容

内容としては、業務に関しての内容がほとんどであり、大抵の場合は集合型研修として受講者を集めて講義形式やセミナー形式で行う事が多いです。
これらを行う講師には会社のトップや指導を担当する部署の責任者、又は外部顧問などが招かれることもあります。

表面化する社員教育の問題

しかし一方で、研修と称して新入社員にパワハラを迫ったり、社員を精神的に追い込んで長時間労働や違法労働に誘導するケースもあり、近年では非常に大きな問題となっています。
こういった問題が表面化するにあたって、若者を中心に社員教育に対して負のイメージを持っているケースも少なくなく、企業を悩ます問題ともなっています。

eラーニングという解決策

これら教育を円滑に合理的に進めるにあたって注目されているのがeラーニングです。
eラーニングとはインターネットを使った学習システムであり、時間や場所を選ばずとも社員研修が行えるツールとなっています。
最近ではAIを取り入れたシステムや、VRを用いるものまであり、今後ますます発展が期待されている分野です。
特に労働問題を解決する手立てとしても有効であり、教育のムラだけでなく、指導者によるパワハラ問題なども解決できる手段として、コストダウンとしても有力です。

働き方は今変革の時期に来ています。
ほとんどの企業が社員研修はeラーニングで行う時代が来るのはそう遠くないかもしれません。